とある病院薬剤師の医薬品ブログ

現役薬剤師(スポーツファーマシスト)が医薬品・サプリ・アンチドーピングを解説するブログ

【ダブルライセンス】薬剤師免許を持つことで付与される資格一覧|実は凄い薬剤師免許

薬剤師免許の使い道は多種多様!? 実は凄い薬剤師免許!!

 

今回は、「薬剤師免許持つことで付与される資格一覧」について現役薬剤師が紹介します。

●薬剤師でなければできない業務

調剤業務、第1類一般医薬品の販売・指導業務、薬局の管理者、医薬品製造業の管理、医薬品製造販売業の総括製造販売責任者、保険薬剤師、学校薬剤師(国民健康保険介護保険関係業務を含む)

 

●薬剤師免許を取得すると付与される資格

毒物劇物取扱責任者食品衛生管理者、衛生管理者(第一種衛生管理者免許)、衛生検査技師麻薬取締官など

●薬学科を卒業すれば取得できる資格 (実務経験等が必要なものを含む)

薬剤師国家試験受験資格、臨床検査技師国家試験受験資格(指定科目履修者) 、登録販売者試験受験資格、甲種危険物取扱者受験資格、毒物劇物取扱責任者任用資格、食品衛生管理者任用資格、食品衛生監視員任用資格、麻薬取締官任用資格、麻薬取締員任用資格、向精神薬取扱責任者、廃棄物処理施設技術管理者任用資格(2年以上の実務必要)

 

●受験資格が付与される資格(試験を受ける必要がある)

臨床検査技師

薬剤師は所定の単位(医用工学概論、臨床検査総論、臨床生理学、臨床化学及び放射性同位元素検査技術学の各科目など)を取得すれば、臨床検査技師国家試験の受験資格も取得可能。

・甲種危険物取扱者

危険物取扱者資格試験には受験資格があるが、薬剤師は受験資格を得ている。

・労働衛生コンサルタント

薬剤師は保健衛生の区分を選択(保健衛生試験に含まれる「労働衛生一般」の科目が免除)。筆記と口述の2つがあり、どちらも合格することで資格取得となる。

 

●薬剤師のコメント

薬剤師になってから認定・専門薬剤師に目指す方もいれば、ダブルライセンス取得に向けて勉学に励むなど、薬剤師免許があることで様々な職業に就くことができます。

Amazonでお得に買い物↓

PVアクセスランキング にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ