とある病院の薬剤師ブログ

現役薬剤師があれこれ気になることを紹介するブログ

【コロナ第6波】オミクロン株の感染拡大で解熱剤が爆売れ!?|小児用解熱剤も需要増!?

ドラッグストア・調剤薬局に勤めている薬剤師の皆さん、解熱剤のストックは大丈夫ですか!? オミクロン株の感染拡大で解熱剤が爆売れ中!?

今回は新型コロナウイルス関連から、「オミクロン株の感染拡大で解熱剤が爆売れしている件」医療機関に勤めている現役薬剤師が紹介します。

 

○オミクロン株の感染拡大で薬局・DSで解熱剤が爆売れ!?

年明けから、オミクロン株の感染拡大、そしてコロナワクチン3回目のブースト接種が本格化し始め、ワクチン1回目同様、副反応対策解熱剤を購入する方が増え始めている

さらにワクチンの対象年齢が12歳以上に拡大された影響からか、小児用解熱剤の売れはじめている。

 

 

○オミクロン株には解熱剤が有効の可能性も??

↓一部抜粋↓

「せきや鼻水、急な発熱などがあるが、症状そのものは軽い。無症状者も多いと考えられる。また、デルタ株と比べて市販の解熱剤が効きやすく、ほとんどは服用すると熱が下がっている。保健所では解熱剤への反応を、オミクロン株かどうかを見分ける参考にしている」

※あくまで対症療法として有効とされる

 

 

○解熱剤関連銘柄

・ライオン【4912】

バファリンシリーズを取り扱う。

ワクチン接種について、12歳以上(5歳以上も??)に拡大され、今後小児用バファリン(キッズバファリン)需要増が見込まれる。

※株価については述べていません

 

 

○とある薬剤師のコメント

オミクロン株の急拡大、ワクチンのブースト接種、対象年齢の拡大によって、解熱剤(小児用含む)を求める方が増え始めているような気がします。

今後更に新型コロナワクチン1回目のように解熱剤の重要が増えることが見込まれるため、各ドラッグストアや調剤薬局は、解熱剤の在庫は早めに確保した方が良いのかもしれません。

Amazonで買い物↓

プライバシーポリシー お問い合わせ